知っておくべきこと

注文住宅でも寒い|一戸建てマイホームは暖かいという噂は本当か

私たちのマイホームは中古一戸建てではありますが、誰も住んだことのないいわゆる新古品というタイプの住宅です。しかも建売住宅ではなく、完全な注文住宅になります。

建築中に息子さんが転勤となるなどの諸事情で必要なくなり、売りに出されていました。

クオカードをくれた不動産に行った時、建売住宅と注文住宅とでは暖かさが断然違うと言われました。色々と調べてみても同様のことが書かれているケースが多かったです。

ご来店で商品券・クオカード5000円分の不動産屋で情報を聞いてみた

お正月や決算シーズン、サラリーマンのボーナス時期などではよくある広告ですね。実は私が20代の頃、友達に誘われてこの手の内覧に行ったことがあるのです。 その時は郊外の高級マンション?のものでした。 もく ...

続きを見る

では、実際に注文住宅に住んでみてどうだったのか、書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

夏涼しく冬は暖かいマイホーム

注文住宅だからと言ってこのような理想的な温度になるかと言えばそうではないそうです。

気密性の高い設計になっていればこのような素晴らしい温度になることもあるという話です。

そして建売住宅ではここまで考えて作られるケースはほとんどなく、注文住宅であってもかなり値段が高額になるため、そこまで重要視して作られるケースはまだ少ないそうです。

しかし実際にそのように作られた家は冷暖房費も抑えられるのでオススメと言われています。

確かにそれは思います。

私が前に住んでいたのは賃貸マンションですが、最上階だったこともあり、昼間にかなり太陽の光を受けていました。そのため、真冬でも家に帰ってくるとほんのり暖かく感じました。

この温度差が非常にありがたかったものです。

我が家の注文住宅の温度

まず夏ですが、暑いは暑いものの、過去に住んだ家の中では断然すずし・・・いや涼しいわけじゃないけれど・・・断然暑さはマシに感じました。

昨年はもちろん過去最強クラスの猛暑だったわけですが、冷房のない部屋(隣の部屋にはある)で寝ていても大丈夫なくらいだったので、やはり暑さはマシな部類なんだと思います。

しかし光熱費がかかるのは断然、暖房費です。寒さの方はどうだったのか。

これは残念ながらめちゃくちゃ寒かったです。

寒さを感じる順番をつけてみます。

  • 寝室の床(氷の上を裸足で歩いている気分)
  • 廊下の床(氷の上を靴下で歩いている気分)
  • リビングの床(ひんやり冷たい)
  • トイレ(冷蔵庫にいるみたい)
  • 玄関(外から入った時に外以上に寒さを感じる)

冗談めいた書き方をしていますが、至って真面目です。寝室の床は本当にヤバイです。

子どもは寝室で抱っこからベッドにぶん投げてもらう遊びを楽しみにしているのですが、これ真冬は数回やったら私の足の裏が耐えられなくなります。耐えられなくなるというレベルですが・・・

あぁ、もう無理!というレベルではありません。

氷を握っていればきっと最後は声にならないくらい冷たさが辛く感じると思いますが、本当にそのレベルなのです。でもこれ、氷じゃなくて床なんですよ。それも家の中なんですよ。

それがそこまでの冷たさを感じるのだから尋常じゃありません。

寒い注文住宅マイホームは失敗か

正直なところ、寒いわけがないと思い込んでいたので多少なりともショックはありました。

そして購入時、気密性に関して全く興味を持たなかったのも事実です。

しかし改めて売り主さんたちの状況などを考えると、この家の気密性が低いとは思えないのです。

諦められないという気持ちのせいもあるかと思いますが、まだ可能性は残っていると思います。

っと言いますのも、夏場にゴキブリが出たことで、我が家は24時間換気をずっと続けていました。

マイホームへの侵入者|クロゴキブリは容赦なく新居を襲う

今回はマイホームへの侵入者、ゴキブリさん・・・通称Gについて書きます。 以前このゴキブリについて詳しく書いたことがあります。 今回は新居へも容赦なく侵入してくるクロゴキブリについての特徴や、その対策に ...

続きを見る

どうやら24時間換気を家中で行うと、2時間程度で中と外の空気が入れ替わるようです。ということはどんなに暖かい室内でも、暖房を消した状態で2時間換気をすれば寒くなるということです。

つまり自分たちでどんどん外の寒気を取り入れてしまっていた可能性があるのです。

では本当にそのせいだったのか。気密性に問題はないのか。

残念ながらこの24時間換気が原因かも知れないと気付いたのが本日であり、すでに4月なのでこれを確かめる術はありません。今年の冬を待ってその仮説を確かめてみたいと思います。

マイホームの温度に興味を持とう

これからマイホームを購入しようと思っている方は、是非とも外観、デザインだけでなく、目に見えないこの室温についても興味を持って欲しいと思います。

確かに見た目も大事ですが、そんなものは数年も住めば興味がなくなります。

しかし冬の寒さに関しては毎年襲ってくるものであり、逃げられるものではありません。

建売住宅では、あまり気密性が高い家は望めないかも知れませんが、床暖房さえあれば足元の寒さは凌げます。ご存知かと思いますが、冷たい空気は重く、暖かい空気は軽いです。

そのため、冷気は足元に集まるのです。

足元を暖めてあげることで感じる寒さはだいぶ和らぎます。

我が家もこの冬は床暖房に相当助けられたものです。

まとめ

いかがだったでしょうか。マイホームを買うとなった時は慎重に考えたつもりでも、一切室温について考えが及ばなかったことを思うと、少々舞い上がっていたのではないかと思います。

ついつい見た目を重視しがちですが、やはり実用性です。

マイホームと職場の距離や、快適な室温で1年が過ごせるかなど、こういった部分を改めて考え、重要視した上でご自身の大切なマイホームを購入するようにして下さい。

職場から遠いマイホームは絶対NG|通勤時間を短縮しなきゃ意味がない

今回は立地面に関してですね。職場からの距離というのは相当大きなテーマだと思います。高校生の頃も満員電車を見て色々考えていた部分があります。 この機会に通勤時間の大切さなども踏まえて見ていきたいと思いま ...

続きを見る

-知っておくべきこと

Copyright© デイトレーダー家を買う , 2019 All Rights Reserved.