主婦が希望するマイホーム

主婦がマイホームを欲しいと思った理由|旦那に与えたプレッシャー

投稿日:

昔は一戸建てに住んでいるのが当たり前とは言わないけど多かったですよね?

小学生のとき、遊びに行けばみ~んな戸建てでした。

でも、今の時代。マンションも住みやすくなっているのかマンション派も多くなってきていますよね。

選択肢が増えたことはとてもいいことだなーと思います。

前回はマイホームを欲しいと思ったきっかけの記事を書いたんですけど、もっと掘り下げて書いて行こうと思っています。

スポンサーリンク

マイホームを欲しいと思ったきっかけ。前住んでいた間取りはこんな感じ。

前回も書いたんですけど、前は3DKのアパートに住んでいました。2人で住む分には申し分ない広さでしたよ。

6畳(洋室)、6,5畳(和室)、8畳(DK)、4,5畳(洋室)といった間取りです。

DK部分はほぼ使ってなかったです。何でか陽が当たらなくて真っ暗なんですよね。

太陽好き(紫外線は嫌い)の私からしたら明るい時間帯に電気付けるなんてホント有り得ない、怒りさえ湧くぐらい嫌でした。

だから、DK行くときはごはん作るときぐらいでしたね。

使ってた部屋は6畳洋室です。狭いですけど、まあそんな気にならず。テレビもテーブルも置いていました。

和室は寝室兼子供の遊び場として使ってました。子供用滑り台とおもちゃラックとか色々置いてたんですけど、それでも広いぐらいでしたよ。

4,5畳の洋室はと言うと物置でした。タンスやらコートかかってたり、カバンやら洗剤ストック品置いていたり…。

子供が産まれてから色々と不便だと思うように…

①まずは間取りが3DKなので1つ広い部屋があるというわけでなく、部屋が壁で仕切られていて行き来するという感じなので、遊びたい盛りの子供にはまあ遊びにくいんじゃないか?と思い始めました。

②あと、収納が少ないのでどうしても床に物が増えてきてしまって歩きにくい。子供のおもちゃばかりって言うのもあって、とにかく色々なものが邪魔くさい。

③旦那が夕方まで家で仕事するのでメイン部屋は仕事部屋になる。そのため、多少の気遣いが必要になるストレス。

うちは仲いい方だと思うんですけど、どうしても一人になりたいときがある。

あと、家に常にパパがいるため仕事中でもお構いなしにパパにひっつき遊ぼうとする。そのため、ひっぺがさなきゃいけない労力。

必然的に外で遊んで多少時間を稼がなきゃというめんどくささ。外出は嫌いじゃないんですけど半強制だとめんどくさくなりますよね。

そのため家の中、仕事中はお互いイライラしてピリピリモード。最低です。


 

戸建てが欲しいと思ったきっかけは②と③が大きいですかね。人って一人になれるスペースがある方がいいらしいですよ。

そりゃそうだ。育児と一緒でいくら仲良くたって四六時中(しかも毎日)一緒にいたら息詰まるわ。

てことで、部屋が広くなれば賃貸引っ越しでも良かったんですけど、いい年なので賃貸より戸建てもいいんじゃないかな~ってことで、軽く旦那に「いつか家欲しいね」と言いました。後にこの一言が大変な事態を招きました。それは後ほど。


 

旦那はアパートが大好きだったみたいで、家買ってもギリギリまで住んでました。新居に行かないで。

不動産屋に言ったら珍しいみたいですけど。(笑)確かに10年ぐらい住んでいれば思い出もたっくさんありますし、大家さんもとてもいい人ってこともあって、名残惜しいのは分かります。ちょっと寂しかったかな。

子供がハイハイしてたっちして歩き始めてとか思い出が全て詰まった家なので。

子供は「いえ~い!広い家行くぞ~!!」ぐらいでしたけど。(^^;)

何でマンションを選ばなかったか?

毎月払う修繕費が嫌だったってのと、上の方住んだら子供の落下がこわいな~ってのと、また騒音とか気にしなきゃいけないんじゃないか?ってので候補からは外しました。ちょっと住んでみたい気持ちはあったんですけどね。

マンションのエントランスってホテルみたいで綺麗じゃないですか。オートロックもついてるし管理人もいるし防犯的にも多少は安心なんじゃないかと。

あとご近所付き合いもそんなにしなくていいんじゃないかとかね。

旦那もマンションは考えてはいたけどやっぱ戸建てという考えに行きついたみたいなので、戸建て一択で考え始めました。

画像のような夜は綺麗な夜景が見えるってのも憧れだったんですけどね。この辺じゃ、夜景もくそもなく

「家欲しいね~」の一言がきっかけで起きたこと

私としては雑談の1つとして深く考えもなしに言ったことなんですが、男の人にとっては一大事なんでしょうか?

旦那が重く深く捉えてしまってそこからお金のことばっか考えるようになったようです。(言われるまで知らなかった)

うちは自営なので決まったお金も入ってこず、ローンも組めるか分からない。なので、自力で貯蓄する以外なかったんです。

案の定、ローンは組めなかったんですけどそれはまた別の機会で。

私は基本ちゃらんぽらんなので「家欲しいね~♪」って言われたら「バカ言ってら。現実見ろ」で流して終わりなんですけど、旦那は実現すべく考えこんじゃうタイプのようで、2年間ぐらいはお金のことで相当ケンカしました。「お金」ってワードが引き金になるみたいな。(笑)もういらねーーよ家!!!!って何度思ったことか。

そんなこんなで色々なことがあり結局私が「家欲しいな~」発言から2年ぐらいで購入してくれました。

す、すげえよ。あんた。

まとめ

私の些細な一言がきっかけでマイホーム購入へと動きだしたわけです。ケンカもたくさんしたけれど結果オーライだったのかな。

旦那は頑張り過ぎて一気に老け込んだ気がしますし、子供の前でケンカもたくさんしたので申し訳ない気持ちもあり。

ただ、新居に引っ越してからはケンカも半年に5回以内ぐらいには収まってきてるし、子供ものびにび遊べて、庭では野菜も作って収穫させたり色々とプラスにもっていけました。

乗り越えて良かった。ありがとうございます。

-主婦が希望するマイホーム

Copyright© デイトレーダー家を買う , 2018 All Rights Reserved.