私の家庭菜園日記

家庭菜園でジャガイモを育てる魅力とは|皮までおいしい新じゃが

投稿日:

家庭菜園でジャガイモを育てる魅力について書いていきたいと思います。庭付き一戸建てを購入したこともあり、私の夢だった家庭菜園が庭にありますので、色んな野菜を育てることが出来ています。

今回はジャガイモについてです。皮までおいしいジャガイモが出来ますよ。

スポンサーリンク

皮までおいしい新じゃがの育て方

新じゃがと聞くと、新しいじゃがいも・・・つまり新鮮なじゃがいもという感じがします。

しかしこの新じゃがというのは本来の収穫期よりも少し早いタイミングで収穫するものになります。

そのため、まだ皮も薄くやわらかいため、皮までとってもおいしく食べられるというものです。

昨年私は秋植えのじゃがいもにチャレンジしました。実際にゴロゴロとたくさんおいしいじゃがいもがとれたのですが、新じゃがと呼べるような皮までやわらかいものはそんなに多くなかったです。

っというのも、収穫は植え付けから100日程度と書いてあるのを読んで、盲目的にそのまま育ててしまったからです。発芽した時期に多少バラつきがあったのと、プランター植えで発芽が相当遅れた株もあったので、それらが新じゃがと呼べるものでした。

もちろん他のジャガイモも、とても新鮮でおいしかったのですが、皮というのは少しクセもあるので、好き嫌いがわかれます。昨年とれた物は恐らく万人受けするようなものではありませんでした。

こちらが昨年とれたジャガイモの一部です。クワで一撃加えてしまったものも写っていますが・・・。

そこで今年の春植え(冬植え)ジャガイモでは、植え付けから85日~で少しずつ掘っていこうと思います。

まだ未熟なジャガイモを指して新じゃがと言うと覚えればいいでしょう。

茹でた新じゃがを皮ごとバターで食べるのが今から楽しみです。

春ジャガイモが発芽するまでの期間

通常で3週間ほどと言われているようです。私は欲張りなので、この春ジャガイモを6月の頭頃には収穫し終わって、トウモロコシをここに植えたいと考えています。

そのため、収穫まで85~100日を逆算し、2月15日に植えました。

しかしまだ寒かったせいもあり、これが発芽しない・・・。

タネイモが腐ってしまったのか心配するほどでした。

少し心配で土を軽く掘ってみると、多少芽が伸びてきているのを確認出来て安心しました。

3月の中旬になり、やっとチラホラと芽を出してくれました。

4月の上旬になるとかなり大きくなってくれましたが、日照時間の関係か、秋以上にバラつきがあります。

こちらをご覧下さい。

これはよく日が当たる場所に植えたものです。それに対して、5月くらいまでは太陽の角度の影響から2時間程度、日照時間が短い場所に植えたジャガイモは明らかに成長が悪いです。

いかがでしょうか。とても同じ時期に植えたものとは思えませんが、下4株も全く同じ日の同じ時間に、同じようなタネイモを植えたものです。しかしまだまだ小さな芽です。

これだけバラついていると、収穫適期も大きくズレてくると考えています。

しかし今回の狙いはゴロゴロと大きなジャガイモを収穫するのではなく、小さめで可愛く、皮までやわらかいジャガイモをたくさん収穫するのが狙いです。

そう考えるとこのズレは色々と調整するにはちょうどいいかも知れません。

ジャガイモの芽かき作業

ジャガイモは10cm程度まで成長したら勢いのある太い芽を2本残して芽を取ってしまいます。

秋は勘違いしていて、土との切れ目でブチッと取っていたのですが、タネイモから抜き取るようにしなければならないそうです。そうでないと脇芽がまたどんどん出てくるからです。

この時、土をきちんと押さえてやらないとタネイモが浮いてきてしまうので注意です。

芽かきをしたものです。

ジャガイモの土寄せと追い肥

ジャガイモをおいしくたくさん育てるコツは土寄せ。その次に土寄せ、最後に土寄せというくらい土寄せが一番の鍵になると書いてあるところがたくさんありました。

それだけ土寄せが肝心になるということでしょう。

秋の時は普通に畝を作って栽培してしまったので、土寄せをする度に畝がどんどんと大きくなっていってしまい、これもまた失敗だったと感じています。

そこで今回は畝を作るわけではなく、低い位置で整地し、タネイモを植えました。

そして左右の通路部分に土寄せ用の土を用意してあります。

複数回土寄せをしていくことで、やっと周りの畝と同じような高さになるよう計算しました。

ジャガイモ栽培日記

現在のところ、まだまだ小さいですが、これから育っていくに連れてここに写真を追記でアップしていきたいと思います。目指すは皮までやわらかくおいしいジャガイモです。

しかし写真をアップするとなるとでっかくゴロゴロのジャガイモがあった方がカッコイイですよね。

どうするか少し考えておきたいと思います。

まとめ

新じゃが、それも掘ってすぐのものは本当にとてもおいしいです。サツマイモのように収穫後に寝かす必要もないので、収穫した直後に茹でて最高のじゃがバターを味わいたいと思います。

今後の栽培日記にどうぞお付き合いよろしくお願いします。

夏野菜の栽培日記はこちらです。

家庭菜園で夏野菜を育てる|マイホーム庭での栽培日記を随時更新

今年は夏野菜栽培日記をつけていきたいと思います。マイホームの庭を使った家庭菜園でどれだけ収穫出来るのかリアルタイムに更新していければと思いますのでお付き合いよろしくお願いします。 スイカ等の目玉栽培は ...

続きを見る

シャインマスカットやせとか、スモモ、びわなどのおうち果樹園日記はこちらです。

おうち果樹園成長日記

-私の家庭菜園日記

Copyright© デイトレーダー家を買う , 2019 All Rights Reserved.