私の家庭菜園日記

すいかの家庭菜園成長日記リベンジ編|育て方と栽培方法

投稿日:

家庭菜園で大きく立派でおいしいスイカを作るというのは私にとって最大の悲願であり、家庭菜園をする上で最大の目標になります。大げさではなく、本当にそのための家庭菜園とも言えるほどです。

今回リベンジ編と書きましたが、昨年私はスイカの栽培に失敗しています。

スイカを家庭菜園で栽培するコツと結果|悲しきスイカ割りコース

スイカを家庭菜園で栽培した結果についてですが、先に書いてしまえば、途中で実割れしてしまい、満足のいく結果が得られませんでした。しかし、確実に掴んだものはありました。 幼少期から、スイカの家庭菜園栽培に ...

続きを見る

果たして今年はどうなるか、ありのままを画像(写真)付き日記にしていきます。

スポンサーリンク

すいかの育て方・栽培方法のおさらい

  • 寒さに弱く、霜に当たると枯れる
  • 太陽光を好み、乾燥気味に育てる
  • 水はけを良くするため畝は高めで
  • 連作不可
  • 親づるは摘芯し、子づるを4本伸ばし2つ着果させる(人工授粉)

きちんと昨年時点でもこのくらいは学んでいたのですが、言い訳をすると昨年家庭菜園が出来るようになったのは6月下旬であり、すでにスイカの苗は老化苗しか売られていませんでした。

苗選びが重要と言われるものですから、少し仕方なかった思いはあります。

対して今年は万全を期し、ホームセンターではなく苗の専門店から通販で取り寄せました。今年に賭ける思いは強いということです。

種なしすいかの雄花には花粉が少ない

今年は大玉すいかのうち、2つは種なしすいかも購入してみました。

小さい子は種を取るのが面倒で嫌だからすいかが嫌だという子もいます。実際大人だってこの種をガリッとやっちゃった時は少しうわっ!てなりますものね。種なしすいか、興味を持ちました。

しかし種というのは言わずもがなすいかにとって子孫を残す方法となります。

この種がないということは子孫を残す気がないということになるんだそうです。

そのため、雄花に花粉が少なく、なかなか授粉出来ないということです。

なるほど!わかりやすいですよね。確かに子孫を残すつもりが最初からないのであれば、人生楽しくパーッと生きていればいいだけですものね。

ですから種なしすいかを育てる場合には、必ず近くに種ありスイカを植え、種なしすいかの雌花に種ありスイカの雄花の花粉を授粉させる必要があるということです。ややこしい文章ですが、重要なことです。

私が家庭菜園ですいかを育てたい理由とは

まずは昨年失敗した写真を見て下さい。

いいところまでいっていたのに、途中で実割れしてしまいました。

スイカについて調べると、そこまで難易度が高いわけではないように書いてあります。しかしきゅうりなどは未熟な果実を収穫するのに対し、すいかは完熟果実を収穫する作物です。

ですからやや難易度が上がるのは間違いありません。

私は小さい頃、すいかを食べるのが大好きでした。

幼稚園~小学生頃に実家の近くで家庭菜園をレンタルで借りていました。

そこですいかも小玉すいかも作ったのですが、思うように出来ませんでした。何回かチャレンジし、最後にはかなりの個数がなっていたのですが、小学生だった私の愚かな行動により全てダメになりました。

夏休みのラジオ体操に1人で行った後、すいかを見て1つ叩いてみると良い音がしたので、収穫適期と勝手に思い込みました。そこまでならまだしも、他のすいかも全部叩き出しました。

そしてなぜか全て良い音と判断し、全て収穫してしまったのです。

母も祖母もとてもがっかりさせてしまったのを今でもよく覚えています。

そこでなんとか完熟すいかを作りたいと思っていたところ、家庭菜園付きのマイホームを買うことが出来ました。そして昨年、老化苗とは言え意欲を持ってチャレンジしたわけです。

そこで返り討ちにあい、今年リベンジ編となったわけです。

すいかの成長日記・栽培記録

今年2019年のすいか成長日記をここにつけていきます。変化があればその都度ここに追記していきますので、是非最後までお付き合い下さい。おいしいすいかが出来ますように。

さて、早速ですが、まずは今年育てることにした株をご紹介します。

  • 小玉すいか(紅)×1
  • 小玉すいか(黄)×1
  • 大玉すいか(紅大)×4
  • 種なし大玉すいか(サンバ)×4

小玉すいかに関しては完全にオマケのつもりです。おいしい小玉すいかが出来ても私の悲願達成とはなりません。ですからこちらはホームセンターで購入し、種類も気にしませんでした。

株間も80cm取るべきところ、約60cmで植えてしまいました。

大玉スイカはきちんと株間1mと考えていたのですが、こちらも80cm程度で植えてしまいました。夏野菜でもそうだったんですが、どうしても欲張って株間を取らない傾向になってしまいがちです。

家庭菜園で夏野菜を育てる|マイホーム庭での栽培日記を随時更新

今年は夏野菜栽培日記をつけていきたいと思います。マイホームの庭を使った家庭菜園でどれだけ収穫出来るのかリアルタイムに更新していければと思いますのでお付き合いよろしくお願いします。 スイカ等の目玉栽培は ...

続きを見る

私が選んだ大玉スイカ、そして購入したショップはこちらになります。

【菜園くらぶ】家庭菜園の専門店

とても立派な苗が届いて満足しています。

こちらがすいかの植え付け直後の写真になります。

実は小玉スイカは大玉スイカの数日前に植え付けたのですが、その直後に季節外れの大雪が降ってしまったので、枯れてしまわないか不安になったものです。

なんとか枯れずに済んだようでホッとしています。

本来では5月上旬くらいに植え付け適期となるようですが、天気予報では関東だと4月中旬より初夏並の陽気になると言っていたので油断してしまいました。

少し早すぎるくらいの植え付けですが、立派に育ってくれることを祈っています。

突然春を告げる来訪者もありました。

すいか成長日記の更新記録・最終更新

4月14日、最初の日記となる植え付け報告となりました。

現在の最終更新は4月14日になります。

まとめ

本当は2~3株植えようと思っていましたが、失敗することを前提とし、1つ・・・たった1つでもいいから立派と言えるくらい大きくておいしいスイカが収穫出来るようにとたくさん植えました。

子どもはすでにスイカ割り用の服と言って「すんごい可愛い服」を選んで買っていましたので、絶対に全滅だけは許されません。おいしいすいかが出来るよう是非応援して下さい。

-私の家庭菜園日記

Copyright© デイトレーダー家を買う , 2019 All Rights Reserved.