生活の知恵

快眠出来るベッドの選び方|高級マットレスで腰痛も解消

投稿日:

私はずっとあの布団、マットレスに憧れを持っていました。本当の眠り・・・そう、トゥルースリーパープレミアムという商品です。ホームセンターで試しに寝てみることが出来ました。

堅さに3段階あり、妻は堅いものを、私は柔らかいものを希望しました。

合わないなぁ・・・と思いましたが、男性は柔らかめを、女性は堅めを選ぶ傾向にあるのだそうです。しかしこのマットレス、高いので簡単に決めることは出来ませんでした。

スポンサーリンク

快眠の鍵はマットレスにあり

ホームセンターでトゥルースリーパーを試した時に、「やはり高いマットレスは寝心地がいいし、腰痛なども和らげてくれるのでオススメです」という感じに勧められました。

なるほど、確かに3万くらいするし高いもんな、と思っていました。

その後家具店に移動し、ベッドを見ました。

「え!?ベッドってこんなに高いの!??」

正直、度肝を抜かれました。

安くても10万以上でしたし、中には20万、30万とするものもたくさんありました。

聞いてみると、ベッドの骨組みというよりはセットで一緒に売られているマットレスが高いのだと言われました。マットレスだけで10万円オーバーする品物はたくさんあるのだそうです。

そしてやはり快眠の鍵を握るのはこのマットレスだそうです。

高級マットレスの寝心地

この家具店でもいくつかマットレスを試させてもらいました。

これは・・・トゥルースリーパーの寝心地と同じ・・・いや、超えている?

失礼は承知の上で、自分が今トゥルースリーパーに憧れているので、このベッドを買った時、さらに上からトゥルースリーパーを敷くのはどうかと尋ねてみました。

すると、全く必要ない、というかもったいないと言われました。

マットレスというのはそのままドンッと寝るために作られています。

値段が高いマットレスというのは、もちろんその寝心地の良さをメインに作られているので、他のマットレスと組み合わせて使うことはナンセンスだということです。

もしもトゥルースリーパープレミアムをどうしても使いたいのであれば、安いマットレスを買ってその上に敷くのがいいだろうと言われました。

ちなみにこの家具店はちょっと高級志向でしたが、まとめ買いの値引きは交渉出来ました。

家具一式を安く揃えるコツ|マイホーム購入時に気を付けること

以前、家電製品を安くまとめ買いするコツについて書きました。まだ読んで下さる読者の少ないブログですが、早速同じ方法で安く買えたと言ってきてくれた方がいて嬉しい限りです。 マイホーム購入時には、家電製品よ ...

続きを見る

ニトリの高級マットレス

ニトリの高級マットレスという響きに少し違和感がありますよね。

確かにニトリというのは値段を抑えて家具を買いたい時に行くイメージです。

安かろう悪かろうとまでは言いませんが、見た目は優れていてもすぐにガタがくるような商品もあったりで、質を求める感じのお店ではありませんでした。

しかし現在のニトリは、高級志向の品物もかなり扱ってくれています。

なんだかんだ言って私のマイホーム家具はほぼ全てニトリで買わせていただきました。

値段交渉は出来ませんが、値段もかなり手頃になっています。

今回はもちろんマットレスのお話です。

私たちは10万前後のベッド付きマットレスをいくつも試しに寝てみました。すると寝心地としては確かに十分過ぎるほど気持ちのいいものでした。問題はその次ですね。

そう、ここでも堅さ問題が出てきます。

先ほどの高級家具店でもそうでしたが、マットレスはどうしても最後に堅さを選ぶ必要が出てきます。最も柔らかいものを好む私と、最も堅いものを好む妻とでは開きがあります。

そこで時間をかけ、何度も寝てみることで1つの答えを導き出しました。

夜の睡眠とお昼寝用

堅いマットレスというのは沈みこまないので、寝返りがしやすく、局部的に痛みが残るようなことはあまりないのですが、柔らかいマットレスは自分の身体の形に沈み込みます。

良い言い方をすれば包み込まれるような感覚になります。

しかし寝返りがしにくいため、一定の格好で長い間寝ていることが多くなります。

そうなると負担がかかる部位に痛みが残ってしまったり、無理な態勢を維持して寝てしまう可能性もあるということは知っておく必要があります。

そこで思い出したのが低反発枕です。

私は包み込まれるような感覚が大好きで、以前に低反発まくらを購入し使っていました。しかしけっこうな頻度で首が痛くなったり、時には寝違えたかのような固まり方をしていました。

その低反発まくらは安かったし、低反発素材が悪いというわけではないと思います。

しかし私の体質だと、寝心地は良く、気持ちいいものの首が痛くなる。

そんなイメージでした。

何度も試しで寝ていて思った結論はこちらです。

  • 柔らかいマットレスは昼寝に最適
  • 堅いマットレスは夜の睡眠に最適

短い時間で快適な睡眠を取るには、柔らかいマットレスで包み込まれるように。また、寝る時間が短いので、首などへの負担もそんなに大きくなくなります。

夜、長い時間寝るには自由に寝返りの出来る堅いマットレスで。

そういう結論の元、私たちは堅いマットレスを選択しました。

かっこよく書きましたが、まぁ妻の意見が通って私の意見が通らなかったというお話ですね。

しかし現在ではこの選択は大正解だったと思います。

とても快適な眠りが出来ていますからね。

まとめ

人間にとって睡眠はとても大事なものです。だからこそ値段に妥協せず、良いマットレス、良い布団を買うべきだと私は思います。これからも快適な睡眠を追い求めていくつもりです。

より良いと思うものが出てきたらすぐにでも買うと思います。

それは家電でも同じことですね。

家電量販店で値切るコツと方法

マイホーム購入となると、当然家電なども見直す必要が出てきます。大きさも違えば、古くなった家電などを一気に買い替えるきっかけにもなりますね。出費もかなりかさんできます。 少しでも安く多くの家電を買うため ...

続きを見る

-生活の知恵

Copyright© デイトレーダー家を買う , 2018 All Rights Reserved.