マイホーム探しのコツ

中古一戸建て住宅が新築一戸建て住宅と比べて格安にならない理由とは

投稿日:

一戸建て住宅の価格って時々調べてしまうと思います。ただ漠然とどんな家がどんな値段で売ってるのかな?と思ってネットで見ることも私はよくありました。

そこで少し疑問が出てきました。

新築マンションと中古マンションの販売価格にはかなりの開きがあり、中古マンションの中には、「こんな値段でいいの?」というくらい安いものも多くありました。

しかしながら一戸建て価格となるとそうもいきません。

中古物件であり、築年数も何十年と経過している物件を見つけても、新築一戸建て住宅と比べて格安とまでは言えない物件もちらほらとありました。ここにはどういった理由があるのでしょうか。

スポンサーリンク

中古一戸建ては土地付き物件

いきなり結論に踏み込んでいきますが、一戸建て住宅というのは、土地の権利も一緒についてくることがほとんどになります。そうなると、土地価格も込みということになりますね。

確かに築年数が経過していくと、上物である家そのものの価値はどんどん下がります。

土地が2000万円で上物が1500万円で建てられた家があったとしましょう。

20年が経過し、中古一戸建て住宅として売りに出されたらどうでしょうか。

土地というのは不動産価格になり、外部要因を含めた色んな要素で価格が決まってきます。物価の上昇や景気の上昇があれば上がりやすく、また下がることもあるわけです。

近くに大きな路線が通るようになったり、ショッピングセンターが出来れば大きな価値の上昇もありますし、逆に大型モールが撤退するようなことがあれば暴落もあります。

今回は20年後、同じく2000万円だったとしましょう。

その場合、土地価格である2000万円は固定されます。その上で上物の1500万円だった家がどこまで値下がりしているか、という点が焦点になるわけです・・・。

家そのものの価値とは

今回、これが半額以下の700万円だったとしましょう。

するとこの中古一戸建て物件は2700万円で売りに出されることになります。

では、同じような条件の土地に建売住宅の業者が建てて売ったらどうなるでしょうか。

とにかく多く建てて多く売っていくのが方針である建売住宅業者では、出来るだけ上物を安く作り、安く売り出し、すぐに買い手を見つけること、回転を速くすることが利益の最大化につながります。

人件費込みで700万円で造り上げ、それを1000万で売る。

その場合、同じ条件の新築一戸建てが3000万円で売りに出ることになるわけです。

このように、一戸建て住宅というのは、実は家の価値よりも土地価格、その土地の価値が大きく価格決定に関係してくるため、残念ながら古い物件であっても格安にはならないのです。

これは築30年だろうが50年だろうが関係なく同じことが言えます。

実はとてもモダンな雰囲気でテレビドラマに出てきそうな内装の中古一戸建て物件を見つけたのですが、築年数を見たらなんと60年以上経過したものでした。

これは今はやりのリノベーション物件でしたが、中を変えるだけで全然違いましたね。

ただ築60年以上という事実は変わりません。

とても買う気にはなれませんでしたが・・・値段はとても立派なものですごく高かったです。

やはり築60年以上でも安くはならないのが一戸建て住宅ですね。

さすがに何十年も経過しているのであれば、そこに新築一戸建てと同じくらいの金額を支払いたくはないと思いました。「新築」という言葉がすでにブランドのようなものですしね。

上物にほとんど価値がない状態でも壊さず売りに出ていることもあります。

さら地にしてしまえば土地を欲しがる人は多いでしょうけど、古い家を解体するのにもかなりのお金がかかりますからね。それを不動産がわざわざやるとは思えません。

そのままの状態で売れればそれが一番いいわけですから。

中古マンションは格安になる

対して中古マンションは本当に格安になります。

土地そのものを買うわけではないので、築年数が経過してマンション価値、部屋の価値が下がればそのまま金額も下がっていくという計算になるわけです。

また、マンションの多くは管理費や修繕積立金があります。

出来るだけ早い段階で誰かに買ってもらった方が月々の集金も出来るというものです。

だからこそ売り手は安くしてでもさっさと売ってしまいたいという事情もあります。

ただ、自分が買う時はそういう時に安さでメリットを感じることが出来るものの、売る側になった時はもっともっと価値が下がってしまって二束三文にしかならないかも知れません。

買う時はそういうことも頭に入れておかなくてはなりませんね。

まとめ

いかがだったでしょうか。中古一戸建て物件は格安にならないという理由がわかっていただけたと思います。しかし買う時につらくとも、価値も落ちにくく、売る時に有利になるということです。

買う時につらく、売る時に潤うのが中古一戸建て物件で、逆が中古マンションということになりますね。

どちらも一長一短なので自分自身に合った物件を探しましょう。

2017年東京地価発表|都下も前年比では値上がりで買い場は来ず

今年も全国で地価発表が行われました。まだまだマイホームが遠い立場ですので、全然気にしていませんでしたが、大阪の方で有名地区が値下がりというニュースを見たので期待して見てみました。 しかし・・・見て損し ...

続きを見る

中古住宅・新古品・中古マンション物件のメリットとデメリット

中古住宅、中古マンション物件を購入するにあたり、メリットやデメリットがあるのは当然ですが、どこまで詳しく理解されているでしょうか。新古品なんてものもあるわけですね。 新築一戸建てだけが私たちの狙いでし ...

続きを見る

-マイホーム探しのコツ

Copyright© デイトレーダー家を買う , 2018 All Rights Reserved.