マイホーム購入後に気付くこと

マイホームのお供に高級寝具を買おう

投稿日:

マイホーム購入時にはお金がたくさんかかります。土地や家を買うお金だけに留まらず、引っ越し費用や新しい家具・家電を買い揃えるにもかなりの金額がかかってくることになります。

家電量販店で値切るコツと方法

マイホーム購入となると、当然家電なども見直す必要が出てきます。大きさも違えば、古くなった家電などを一気に買い替えるきっかけにもなりますね。出費もかなりかさんできます。 少しでも安く多くの家電を買うため ...

続きを見る

そこに是非高級寝具を加えてあげて欲しいと思います。

スポンサーリンク

毎日使うものはどんなに高くても割安

寝具というのは毎日使うものです。そして睡眠の質というのは生活の質を左右します。

高校生、大学生くらいの頃はどんな場所でも平気で寝られましたし、どこで寝てもグッスリ眠れて、途中で目が覚めてもいくらでも寝られるような感じだったように思います。

しかし寝るのにも体力が必要だそうで、歳を重ねると徐々に眠るのもしんどくなります。

実際、夜中に全く起きず朝まで寝られたというのが1か月でどのくらいあるでしょうか。

私は正直なところ1か月に1回あればいいなというくらい夜中にどうしても目が覚めてしまっていました。しかも目が覚めると思っている以上に再度眠りにつくまで時間がかかっていました。

寝坊とも無縁になってしまい、出来ることなら寝坊でもしてみたいと思うほどでした。

布団というものに無頓着だったのですが、マイホーム購入を機に、どうせまとまったお金が出ていくのだからと寝具にもお金をたくさん使ってみることにしました。

仮にどんなに高い寝具だったとしても、毎日使っていくわけですし、そう簡単に買い替えるものではありません。1日あたりの金額と考えたら結局割安になるとも思いました。

マットレスの固さについて

マイホームは全室フローリングだったため、ベッドを購入することになりました。

マットレスが最も睡眠を左右するということなので、マットレスの金額に妥協することなく選びました。私は柔らかめが好きでしたが、妻が固めを欲しがり、結局固めになりました。

試しに寝っ転がってみたのですが、私は昼寝用ならば断然柔らかめが良かったものの、確かに夜長い時間寝るのには固めの方がいいのかも知れないと思えました。

以前よりも気持ち良く眠れるようになったように思いましたが、まだ何か足りませんでした。

そこで少しでも睡眠を質を高めるために自分なりに研究をしました。

枕へのこだわり

マットレスはあまりに高額ですし、簡単に変えたり試したりすることは出来ません。

そこで目をつけたのが枕です。枕の合う、合わないでも睡眠の質が大きく変わるということを知ったからです。私の使っていた枕はいつ買ったかも覚えていないほど古いものでした。

それも相当格安で購入したものであることは間違いありません。

まず初めに、エアウィーヴという枕を買って試しました。これだけでも1万円近いものです。

最初は良かったのですが、ちょっと私には高さが高すぎました。自分で調整することも出来るのですが、一番低くしても私にとっては高く感じてしまい、厳しいものでした。

もちろん無駄にはせず、今では職場のチェアーの背もたれクッションとして使っています。

次はトゥルースリーパーの枕です。今度もちょっと合わない感じでした。

見てきた中で最も高額なのはトゥルースリーパーシリーズのセブンスピローで、これは口コミや売上ランキングでもかなり上位に来ていました。

もうこれを買ってみてダメなら諦めようと思い購入しました。

結論から言えば75点くらいです。

高さがやはりかなりあるので、ちょっと合わない部分もあるのですが、低反発で徐々に沈んでいってくれるのであまり気にならない高さに調整される感じもあります。

高得点なのは横向きになった時の身体の負担が相当軽減されることが実感出来た点です。

一見寝返りがしにくそうな低反発ですが、簡単に出来るのがとてもいいですね。

トゥルースリーパーマットレス

せっかくトゥルースリーパーシリーズを試したわけですから、マットレスも購入してみました。今使っているマットレスの上に乗せるだけで使えるとのことだったので購入しました。

結果的には、私が欲しがった柔らかいマットレスに生まれ変わった感じになりました。

すごく気持ち良くて気に入っていますが、睡眠の質という意味では大きく変わったという実感はありませんでした。

これだけ色々試してみて、一番思ったこと、感じたことは良い寝具を慣れるまで使っていき、それを使い倒すのが一番なのではないかということです。

どんなに良いものでも、身体が慣れていないとあまり良さを感じないものです。

かと言って安い寝具だといくら使って慣れていても身体に負担がかかります。

家具店などで試し寝をしてみて、高めの寝具の中で最も気に入った寝具を購入し、慣れるまでその寝具を使い倒すことがベストだと感じました。

私のようにコロコロ変えて試していると何が良いのかわからなくなってしまいますからね。

まとめ

マイホーム購入時は、まとまったお金が出るついでで色々買うチャンスにもなります。前から欲しかった家具・家電はこの機会に全て買ってしまうのがいいでしょう。

マイホームを現金一括購入|住宅ローンを組めるのに諦めた理由

前回記事で書いたように、すでに購入の意思は固まっていたため、手付金の200万円もすでに入れました。後は会社から借金しての現金一括購入か、住宅ローンで買うかの選択でした。 不動産会社のお兄さんから住宅ロ ...

続きを見る

私に今の寝具は5万円のマットレス+3万円のトゥルースリーパー+15000円のセブンスピロー+14万の羽毛掛け布団です。改めて値段を書いてみると自分でも引いてしまう感じです。

ですが毎日使うものと考えたらやはりいくら使ってもいいと思います。

まだまだ睡眠の質を上げる研究を続けていきたいと思います。サプリメント等も取り入れていく案も考えています。

-マイホーム購入後に気付くこと

Copyright© デイトレーダー家を買う , 2019 All Rights Reserved.