デイトレーダーが一軒家購入を目指して奮闘していきます。

住宅ローンが組めない人のためのブログ

購入手続きエピソード

マイホームを現金一括購入|住宅ローンを組めるのに諦めた理由

投稿日:

前回記事で書いたように、すでに購入の意思は固まっていたため、手付金の200万円もすでに入れました。後は会社から借金しての現金一括購入か、住宅ローンで買うかの選択でした。

不動産会社のお兄さんから住宅ローンの連絡がきたところからになります。

前回記事はコチラになります。

アスベストについての注意書きも確認|手付金と顔合わせの感想

私たち自身のマイホーム購入の流れを書いています。住宅ローンを組むために試行錯誤したことや、不動産業者とのやり取りなど、生 ...

続きを見る

フラット35で住宅ローンは組める

手付金を入れて間もなく、不動産のお兄さんから「フラット35でなら住宅ローンが組めます」という連絡がきました。私自身が調べていた中では、フラット35もそんなに割高と思いませんでした。

しかし、実際にフラット35を組む場合の細かい試算表を見せてもらうと・・・

アカン・・・高過ぎる

これが正直な感想です。

それだけ銀行で提供している通常の住宅ローン金利が安いということなのかも知れませんが、その計算を見た後のフラット35の試算表は本当に話にならないくらい割高に見えました。

そもそも住宅を買い際は、書いてない部分の見えない出費も多くあります。

  • 不動産への仲介手数料(購入金額の3%が相場)
  • 住宅ローンを組む手数料
  • 住宅ローン金利
  • 団信保険料
  • 登記費用等
  • 不動産取得税(申請することでほぼ非課税に出来る)

不動産取得税をほぼ非課税にする方法はこちらを参考にして下さい。

不動産取得税の軽減
不動産取得税の軽減措置とは|豪邸でなければ非課税に出来る可能性大

憧れのマイホームを購入する際、お得に購入・・・違いますね、損しない買い方があることをきちんと理解していますか。知らないと ...

続きを見る

このように後から知る出費というのはすごく痛いですし、払いたくないと思ってしまいます。

住宅ローンに関しては、金利や団信保険のことしか頭にない人は多いと思います。私自身もずっとそのように考えていました。しかし住宅ローンは組む際にいきなり手数料がかかります。

しかも安いものではありません。

借りる金額に左右はされるものの、いきなりそこそこの金額が上乗せされるのです。

そしてその金額も込みで住宅ローン金利は計算されます。

つまり、思っている以上に多い金額を借りることになってしまうのです。

フラット35は割高

まぁ、繰り返しますが、あくまで銀行の提供する通常の住宅ローンと比べたら割高という話です。人間というのは進化に鈍感でも退化には敏感な生物です。

一度銀行の住宅ローン試算表を見て話を進めた後にフラット35の割高な試算表を見たらとてもじゃないけど組む気にはなれませんでした。先にコチラを見ていれば組んだ可能性はありますね。

銀行での住宅ローン金利は0.6%前後になっていたため、住宅ローン控除を考えると金利は、あってないようなものという計算が出来ました。もちろん諸経費を考えても、です。

しかしフラット35だと1%を超えていたため、住宅ローン控除では賄えず、さらにそこに諸経費も乗ってきてしまうという計算だったので、厳しいと感じました。

不動産のお兄さんに言われ、再度ジョナサンに行き会議をすることになりました。

しかし妻と話していて、やはり会社からの借金で買おうという話になりました。

自分の会社からの借金といえど、利子をつけねばならないということを税理士の先生に言われ、厳しいな・・・とは思いましたが、すぐに決着がつく話の方が楽です。

それに毎月の支払いがない方が後々の精神的安定につながりますからね。

結論は現金一括購入

ジョナサンに行き、不動産のお兄さんはフラット35についてさらに詳しく説明してくれようとしましたが、それを制止しました。もう気持ちは固まっていることを伝えたのです。

もちろん希望としては住宅ローンを組みたいと思っていました。

しかしそれでも、住宅ローンを組むことで多くの金利が取られ、最終的にかなりの出費増となるのであれば、会社から借金をしてでも現金一括購入という手段を取ろうと思ったのです。

仮に会社にも現金がなかった場合、かなり難しい選択を迫られたと思います。

  • 実績を作るために3年間待つ(今回の物件は諦める)
  • 割高でもフラット35で住宅ローンを組む

難しいですよね、本当に。

銀行の住宅ローンを組むには3年間の会社実績が必要になります。

住宅ローン
住宅ローン・プロパーを組むためにするべきこと|頭金0は影響するか

マイナス金利政策が日本でも導入されて以降、住宅ローンの低金利にも拍車がかかっています。そのため多くの人が、特にサラリーマ ...

続きを見る

しかし目の前の案件が3年間待ってくれるわけもありませんので、その選択をするのであれば今回は諦めるしかありません。子どもが気に入ってくれただけにつらい選択となります。

また、どうしても買うとなればフラット35で住宅ローンを組むことになります。

しかし諸経費が上乗せされた金額を借り、さらに金利も割高となれば月々の返済金額は予算を確実にオーバーしてしまいます。ついつい忘れがちですが、住宅ローンは借金です。

毎月の返済が滞るわけにはいきません。

そして返済が家計をあまりに圧迫するようでは、「幸せになるために買ったマイホーム」が「不幸せへの入り口」となってしまう危険だってあるわけです。

マイホームを購入する際、一軒家にするか分譲マンションにするか。

場所はどこにするかなど色々な選択をすることになります。

しかし、やはり最後の選択として、お金の選択で間違えないようにすることが最も重要になるなと強く感じました。お金の部分で無理をしてしまうと、必ずどこかでしわ寄せがきます。

余裕を持った住宅ローンというのはもちろん、なかなか難しいものですが、せめて現状の家賃などとあまり変わらない返済額でいけるようなプランを立てる必要はあると思います。

そのためには、月々7万円の返済でいきたい場合、不動産の広告で「月々6万円台で大丈夫です」と書いてある物件を狙うしかないと思います。見えない出費を先に計算に入れておきましょう。

まとめ

現金一括購入を決めました。不動産のお兄さんから、今のうちに庭のことを話しましょうと言われたので、次回は庭についての会議を書きたいと思います。

そしてその次はいよいよ売買現場について書きたいと思います。

お付き合いありがとうございました。

-購入手続きエピソード

Copyright© 住宅ローンが組めない人のためのブログ , 2018 All Rights Reserved.