マイホームの防犯対策

面格子で防犯対策を万全にしよう|寝室にも設置

投稿日:

面格子というのは、窓の外側につけた格子のことです。これがあることで窓を割られたりしにくくなるので、防犯対策としてよく付けられているのを見ます。特に1階に多いですね。

しかし、外せる泥棒もいるということで軽視されることもあるようです。

果たして面格子の力はどの程度のものなのでしょうか。

スポンサーリンク

寝室に面格子を設置した理由とは

私は1階だけでなく、2階にある寝室、ベッドルームにも面格子を設置しました。

マイホーム購入で家具を買い漁ったのですが、ベッドと言えば高い(背丈が)ベッドでしょう!という思いから、かなり背の高いベッドとマットレスを購入しました。

家具一式を安く揃えるコツ|マイホーム購入時に気を付けること

以前、家電製品を安くまとめ買いするコツについて書きました。まだ読んで下さる読者の少ないブログですが、早速同じ方法で安く買えたと言ってきてくれた方がいて嬉しい限りです。 マイホーム購入時には、家電製品よ ...

続きを見る

快眠出来るベッドの選び方|高級マットレスで腰痛も解消

私はずっとあの布団、マットレスに憧れを持っていました。本当の眠り・・・そう、トゥルースリーパープレミアムという商品です。ホームセンターで試しに寝てみることが出来ました。 堅さに3段階あり、妻は堅いもの ...

続きを見る

とても寝心地が良く、気に入っているのですが、1つだけ大きな誤算がありました。

3歳の娘がはしゃいでピョンピョン跳ねるのです。

そしてベッドに乗ると、そこから窓枠に乗れてしまうようになったのです。窓枠に乗ってそこからベッドに向けてダイブするという遊びを覚えてしまい、注意してもやりたがります。

その窓は、2階であり、ベランダなどの足場もないので面格子はありませんでした。

つまり、勢い余って窓に激突し、割れてしまえば下に真っ逆さまです。

これは怖いと思い、防犯対策とは別で、子どもの落下防止として面格子をつけたのです。

1階の窓には面格子をつけよう

1階の窓は足場があるため、割られてしまえば簡単に侵入されてしまうでしょう。

小さな窓だからと油断してはいけません。けっこうあっさり入れたりするものです。

お風呂やトイレについている窓は基本的に換気用ですから、面格子をつけて困ることはないでしょう。よもや窓を開けて外を眺めることなんてないでしょうからね。

窓を開けて景色を眺める可能性がない窓に関しては全てつけるべきだと私は思います。

防犯性能に疑問符をつける人もいますが、面格子の進化は泥棒の進化を上回っていると思います。実際にそう思える場面が偶然私の身の回りに起こったので、ご紹介します。

1ウェイナットで面格子の外され防止

サッシ屋さんにお願いして面格子をたくさん付けてもらったのですが、1ウェイナットというネジを使うから簡単には外せなくなりますと説明されました。

そのため、家を売るでもない限り取れなくなってもいい場所につけてくれ・・・と。

防犯第一と考えたので、1階の窓には全て取り付けてもらいました。

それから数日後、サッシ屋さんのミスに気付いたのです。

1つのネジが途中で折れてしまっていたので、連絡しました。

「こちらのミスなので付け直し・・・ます」

少し歯切れが悪い感じでしたが、その理由はすぐにわかります。

目の前でいったん外そうとしたものの、いくら力いっぱい外す努力をしても全く回らない、外れない(笑)「もう少しなんとかなると思ったんだけど・・・」サッシ屋さんは言いました。

まぁ、つまりどうあがいても動かなかったのです。

確かに泥棒はご丁寧にネジを回して取ろうとはしないかも知れません。

力いっぱい引っ張ればもしかしたら取れるかも知れません。しかしその場合は大きな音を伴いますし、派手な動きが近所にも丸見えになるので、そのような外し方はあまり考えられません。

そうなると、スマートで音がしない外し方はネジを外すしかありません。

そしてそのネジはプロの業者さんがいくら頑張っても外れませんでした。

ほら・・・面格子、捨てたもんじゃないですよね。

ネジの一本は脆いままになってしまいましたが、1ウェイナットの上から、さらにネジの目を潰してもらい、ドライバーがハマる溝さえもなくしてもらったので、ネジを外される心配はほぼないでしょう。

オシャレな面格子もいっぱい

面格子なんていう言い方をしますが、その正体は鉄格子とも近いわけです。銀色でちょっと冷たい感じのイメージを受けますが、現在ではオシャレな面格子もたくさんあります。

家の外壁の色に合わせられるよう色も多種多彩です。

また、素材もアルミで作られたものが多く、テカテカしていないので金属感もなく、スタイリッシュな仕上がりのものも多く見ることが出来ます。

私のマイホームでは、建てた方がきちんといくつか家の外壁に合った面格子を付けていました。そこに追加する形で面格子を付けたので、同じものを付けてもらうようにしました。

単なる防犯対策だけでなく、ちょっとオシャレでスタイリッシュな窓を演出する感じに出来たので、非常に満足しています。

また、防犯対策という意味では、実際に侵入を防ぐだけでなく、泥棒や空き巣に「あ、この家はきちんと防犯対策しているな」と思わせることで、被害を未然に防ぐ効果も期待出来ます。

価格も大きい窓で2~3万、小さい窓なら2万以下でつけられますし、そのくらいの金額で色んな安心を買えるのであれば、是非ともつけてしまうことをオススメします。

まとめ

面格子は最初付けないつもりでしたが、やはり防犯面で付けようと思いました。外観を損ねるようなものではないし、安心感が何より大事だと思ったからです。

防犯面に関しては徹底したマイホームにしました。是非参考にして下さい。

マイホームに防犯カメラを設置した理由|監視カメラ設置の注意点

私はマイホームの庭に防犯カメラを設置しました。理由はもちろん防犯性能を高めたいということですが、空き巣対策というよりは日中、夜間ともに家の中にいる時間帯の対策です。 物騒な世の中で、深夜にガラスを割っ ...

続きを見る

防犯シャッターと防犯ガラスに防犯フィルム|防音性能も優れている

今回は防犯シャッターについて書いていきます。防犯性能の高い商品としては、防犯シャッターだけでなく、防犯ガラスや防犯ガラスフィルムもありますので色々と選べます。 中でもやはり防犯シャッターは防音性能も優 ...

続きを見る

-マイホームの防犯対策

Copyright© デイトレーダー家を買う , 2018 All Rights Reserved.