デイトレーダーが一軒家購入を目指して奮闘していきます。

住宅ローンが組めない人のためのブログ

マイホーム探しのコツ

敷金を多く返却してもらうコツ|退去時のクロス張り替えクリーニング

投稿日:

マイホーム購入となれば、当然それまでお世話になっていた賃貸マンション、賃貸アパートや賃貸メゾネットなどを引き払うことになります。そんな時問題になるのが敷金です。

敷金についての知識があるのとないのでは、大きな差になるかも知れません。

マイホーム購入でなくとも、賃貸マンションから賃貸マンションへの引っ越し時など、引き渡しを行う際は常に付きまとう問題なので、正しい知識と多く返してもらうコツを覚えておきましょう。

不動産会社は多く請求してくるケースが多い

先に書いておきますが、あくまで「多い」です。全ての不動産が悪徳と言いますか、必要以上に敷金から原状回復工事費用を取ろうとするわけではありません。ですが多いのが事実なのです。

退去時、全てモノを運び終えた後に不動産立ち会いのもと、清算が行われますよね。

  • 冷蔵庫焼けがひどいですね(冷蔵庫の裏はほぼ確実に茶色っぽく変色する)
  • これは座椅子の跡ですからね(座椅子の後ろも茶色くなりがち)
  • 畳の色がもうかなり落ちてますね(数年経てば当たり前)
  • お風呂場のカビがひどいですね(窓がない部屋などは仕方ない)
  • キッチンの油汚れが目立ちますね
  • 床の汚れが目立ちますね
  • 網戸の隅が少し・・・
  • ふすまの隅が少し・・・
  • これはシールの跡が取り切れてませんね

このようなこと、言われたことありませんか?

こんなこと言われるとドキッとしちゃいますよね。

「どうしよう・・・けっこう高額な請求されるのかな?」と心配になります。

そんな時、ある程度普通の金額を提示されたら「これくらいならいいや」って思ってしまいがちです。しかし、それこそ不動産の狙いである可能性が高いので注意が必要です。

自分たちが何年住んでいたかが重要

クロス・・・壁紙ですね。これには耐用年数というものがあり、6年使うことで新品だったクロスも無価値になります。つまり、入居時に綺麗にしてもらったクロスも、6年で価値がなくなるのです。

原状回復というのは、「借りた時の価値に戻せ」という意味ではなく、「借りた時の状態」にすることです。6年経過して無価値になったクロスもそのままでいいのです。

だって借りた時はそのクロスが張ってあったわけですからね。

住んでいた期間が6年未満であっても、1年ごとにクロスの価値は減少していくので、クロス張り替え費用を全額負担する必要などありません。

クロス張り替え費用とハウスクリーニング代

主になってくるのはこの2つあと思います。

前述のように、クロス張り替え費用は6年以上住んでいれば、それだけで無料です。仮に過失があって汚してしまった場所があったとしても、クロスに価値がないのだから無料です。

「半分の負担にしておきますね」などという甘い言葉に騙されないで下さい。

半分どころか一切の負担がいらないのですから。

それから、入居時にクロスが新品になっていないのであれば、当然耐用年数が6年未満のものということになります。入居時に新品じゃないと感じたら何年ものか聞いておきましょう。

また、ハウスクリーニング費用についてですが、こちらも本来は支払う必要がないそうです。確かに契約書には退去時にクリーニング費用を負担すると書いてあることが多いです。

しかしそれは貸主の都合だけを考えた文章ということで、裁判などになれば無効になるようです。

しかしこれは気持ちの部分もありますし、争っても仕方ないので私はこのハウスクリーニング費用に関してはお礼の意味も込めて、ゴネたりせずに毎回支払っています。

コツは知識を見せてお互いの譲歩を提案すること

最初に書いたように、不動産側はあのような言葉でこちらを驚かせておき、「マシ」と思える金額を提示することで妥協させようとしてきます。

でも、最初はそれでいいと思います。

そこから先が交渉になるわけです。

不動産が金額を提示する際、きちんと明細というか内訳が書いてあるはずです。ここが書いてなかったら必ず書いてもらうようにしましょう。そうでなければ始まりません。

まず、6年以上住んでいるのにクロス張り替え費用が入っていたら、無効を主張しましょう。

その際、少しでも割合などでこちらの譲歩を引き出そうとしてきたら、きちんとこちらに知識があるのだということを伝えましょう。そもそも家賃設定というのは、そういう修復費用も勘案されて決められた金額だという話です。

ですから、故意による損壊などがなければ本来全て無料で出てもいいくらいですからね。

他にも色々と細かい部分を指摘されていると思います。

ここで一発回答としてのコツをお伝えします。

「色々書いてありますけど、これらは私が支払う必要がないものです。本来であればハウスクリーニング費用だって無効に出来るということも知っています。全部勉強した上で今日ここにいるんです。でも、ハウスクリーニング費用は今までのお礼という意味でもゴネたりせず、喜んで払います。ですからその代わり、これらの余計な費用は外して下さい。

少し長いですが、このセリフを言うことで私は自分自身、友人の退去時も全て不動産側がこれを飲んでいますので、覚えておいて損はないセリフだと思います。

ただ、壁紙以外のところにシール跡などがあれば、それは払いましょう。

あくまでこちらも無茶を言うわけではなく、不動産側の無茶を正すという意味です。

そういう意味では、最初から善良業者に当たればこんなこと言う必要もないんですけどね。

ハウスクリーニング費用まで無効にしようと頑張ってしまうと、最終的に裁判まで発展してしまったり、色々と面倒なことになりかねません。ハッキリ言ってバカバカしいです。

ですから、こちらも譲歩出来るところは譲歩するので、お互い譲歩しましょうというスタイルで落としどころを探るのがベストだと私は考えます。

まとめ

いかがだったでしょうか。私たち、貸主さん、不動産という三者の立場と思惑が交錯するので、難しい問題ですが、こちらが正しい知識を保有しつつ譲歩すると言えば、ほぼ通ると思います。

こちらが面倒を嫌う以上に不動産などの会社は面倒を嫌いますからね。

マイホーム購入では、引っ越し費用だけでなく、家電一式費用など、多くの出費が重なるものですから、節約出来るところはうまく節約して上手な引っ越しをしたいものですね。

マイホームの新居へ引っ越し|業者に頼まず自分で運搬した感想

外構工事で庭が完成するまでは、庭部分がボッコボコの荒れ地のため住めないと話していたものの、それまで払い続ける家賃があまり ...

続きを見る

家電量販店で値切るコツと方法

マイホーム購入となると、当然家電なども見直す必要が出てきます。大きさも違えば、古くなった家電などを一気に買い替えるきっか ...

続きを見る

-マイホーム探しのコツ

Copyright© 住宅ローンが組めない人のためのブログ , 2018 All Rights Reserved.