デイトレーダーが一軒家購入を目指して奮闘していきます。

住宅ローンが組めない人のためのブログ

家探しで気を付けること

赤ちゃんや子どもの泣き声は気になるか|分譲マンションでの子育て

投稿日:

若いうちに実家を出る人は、ほぼ100%とも言える確率でアパートやマンションで一人暮らしでしょう。また、100%とか言わずともかなりの確率で結婚してすぐもマンションでしょう。

すぐ近くの未来ではないものの、いずれ子どもが生まれることになるのであれば・・・やはりアパートやマンションでは夜泣きなどの声が不安になるものですね。

では、マイホームの購入を考えた時、マンションは除外すべきなのでしょうか。

賃貸マンションと分譲マンションの違い

これは一概には言えないことで、全てのものに当てはまるわけではありません。

一般的に言ってという話になります。

賃貸アパートや賃貸マンションでは、壁が薄いケースも多く、鉄筋コンクリート造りで徹底されているか、よほど新築で音に対する意識を持って作られた物件でない限り音漏れはします。

ですから、賃貸マンションに住んだ経験のある多くの人が隣人や上下階からの音漏れを経験していることと思います。そしてそのため、赤ちゃんが生まれたらマンションで大丈夫か不安になります。

しかし分譲マンションともなると、鉄筋コンクリート造り、鉄骨造どちらであっても音漏れがほとんどないと言われています。

ファミリー向けに建てられる物件が赤ちゃんの声で悩むようでは困りますからね。

音漏れに対してはかなり神経を使って作っているケースが多いようです。

しかし、中にはそうでないものも混ざっているでしょうから、購入前にきちんと不動産に内覧させてもらい、音に対する意識を話しておいた方がいいでしょう。

賃貸マンションと違い、音漏れがあったからやめた!なんてことは出来ませんからね。

少し私の過去の体験をお話します。

木造アパートの音漏れ

私が最初に住んでいたアパートでは、21世紀のしし座っぽい名前のアパートを改築した物件でしたが、音漏れというより、もう直で聞こえてしまうくらいひどかったです。

ロフト付き物件でしたが、ロフトで寝ていると、隣の部屋の目覚まし時計の音で飛び起きてしまうレベルでした。ロフトへの昇り降りの音もドンドンと聞こえます。

さらにきつかったのは、床で横向きに寝ていると、耳が床についているためか、下の階のテレビの音も丸聞こえでした。天気予報の内容までクリアに聞き取れたこともありました。

ここは一人暮らし用のアパートだったのである程度仕方ないのかも知れませんが・・・。

築年数がある程度経過している木造アパート、木造マンションでは音漏れもかなりひどい場合が多いということは頭に入れておく必要があるかと思います。

鉄骨造賃貸マンションの音漏れ

次に住んだマンションは鉄骨造と書いてあるタイプの賃貸マンションでした。

木造ではないから平気かなと思ったものの、不安なので契約前に不動産に聞くと、音のトラブル等は聞いたことがないと言っていたので、安心して契約することが出来ました。

しかし、なんのなんの。

入居から一か月の間は隣が静かだったのですが、本当に留守だっただけのようです。

それ以降は帰宅時間が夜中1時過ぎなのか、夜中2時くらいにカチャカチャと食器の音がうるさいのなんの。しかもものすごい笑い声が聞こえてくるものだからイライラが止まりません。

夜中寝てる時のお皿とお皿が当たる音の耳障りさ加減は本当にきついものがありました。

鉄骨造という造りは、骨組みが鉄になっているわけですから、隣人との区切りは単なる薄い石膏ボードなどで出来ている可能性も高く、どこまで遮音性があるかわかりません。

これもきちんと確認が必要でしょう。

鉄骨造マンションで赤ちゃんの泣き声を体験

鉄骨造マンションに入居から2年程度経過したある時期、隣の家からカチャカチャ音がしなくなりました。しかし一か月くらい静かな暮らしが続いた後、大きな変化がありました。

夜中寝ている時に猫の集会のような鳴き声がしたのです。

彼女(現在の妻)に話したところ、「赤ちゃんだよ、あれ」と言われました。

鳴き声ではなく、泣き声だったというわけです。

まぁ、丸聞こえに近かったです。

赤ちゃんと聞いて、規約違反のペットを飼っているわけではないと安心したものの、裏を返せば赤ちゃんってことはこれからずっとあの泣き声がこっちに筒抜けなのかと絶望しました。

案の定その日の夜も大泣きでした。

しかし・・・

たった2日間で赤ちゃんの声がパタリと聞こえなくなったのです。

そう、なんと突然隣は引っ越していったのです。

今考えると、あれだけ薄い壁ですから、あちらにも私たちの生活音が丸聞こえだったことでしょう。ならばあれだけ赤ちゃんがギャン泣きするようだと、まともな神経ならば気になるというもの。

迷惑になると考えて引っ越してしまったのだと思います。

実際に赤ちゃんが生まれて

このマンションに住んでいる時、私たちにも赤ちゃんが生まれました。

あの時の経験があるからこそ、大泣きは丸聞こえになるという自覚があったので、夜中に少しでも泣けば急いで、本当に慌ててすぐに抱っこをして泣き止むようにしました。

実際にこの子が3歳になるまではマンションに住み続けましたが、やはり小さい頃や、夜泣きがひどかった時期などは真剣に引っ越しを考えました。

周りに迷惑をかけないように、かけないようにと気にし過ぎることで自分たちが疲弊し切ってしまうようでしたからね。

赤ちゃんの育てやすさと一軒家との比較

二人目の赤ちゃんは一軒家のマイホーム購入後に生まれました。

まず第一に、大泣きしていても放置と言いますか、少しやらなければならないことがある時、泣いたままにしておくことが増えました。決して悪い意味で書いているわけではありません。

焦りや心配がなくなったということです。

まぁ・・・赤ちゃん側からしたら少し泣いたら即抱っこしてくれる親の方がいいのかも知れませんが、それで親が参ってしまってはどうしようもない話ですからね。

このくらいの余裕が持てて良かったと強く感じています。

やはりこの点は一軒家に完全に軍配が上がるところです。

マイホームを買うということ|一戸建ての家購入で生活はどう変わる

今回は一戸建て住宅の家を買うということについてです。マイホーム購入というのは人生において一番大きな買い物ですし、買ったと ...

続きを見る

分譲マンションでの赤ちゃんの泣き声

私は分譲マンションの内覧で少しの間、隣人の声や音が聞こえるかどうかのチェックをさせてもらったことがありますが、本当に静かで聞こえませんでした。

実際に在宅はしていました。

ただ、旅行などでホテルに行った際も、隣の部屋の音や、廊下の音が聞こえるホテルと、全然聞こえないホテルに分かれると思います。

そうなんです。造りで全然違うんですよ。

だから分譲マンションは遮音性に優れているといくらきいたところで、結局のところ、生まれた赤ちゃんの、その実際の声を隣人がチェックするまではどのくらい音漏れするのかはわからないのです。

何のチェックもなしに購入し、その後赤ちゃんが生まれたとなれば、「隣に聞こえてないかな?平気かなぁ?」という心配とともに暮らさなければならなくなるかも知れません。

出来るだけ購入前に、それも隣の部屋も売れてない時期に、2つの部屋に分かれて音のチェック等を不動産にさせてもらうことをおすすめします。

まとめ

いかがだったでしょうか。購入時点では子どものことを考えていなくとも、いずれ考える可能性があると思えば、絶対に購入前にチェックを済ませておくようにしましょう。

考えている以上に赤ちゃんの泣き声は大きいですし、壁越しに音漏れで聞こえるその声は相手に不快感を与えてしまうものです。幸せ家族計画をきちんと立てておきましょう。

分譲マンションには修繕積立金や共益費もありますので読んでおいて下さい。

分譲マンションの修繕積立金・管理費は大きなリスクになる

分譲マンションの購入を考える場合、絶対に忘れてはいけないのが修繕積立金・修繕積立費と呼ばれる将来のマンション修繕のための ...

続きを見る

-家探しで気を付けること

Copyright© 住宅ローンが組めない人のためのブログ , 2018 All Rights Reserved.